問合せ









    お友達にはキャンセル空き情報やお得な情報をいち早くお知らせ






    タガマヤ村の半助は昭和42年(1967年)生まれ


    「半助」というのは屋号名(ご先祖様の名前)である。
    この辺りは同じ苗字の家が多いため昔からの屋号で呼び合う風習がある。  


    半助の祖父は真言宗の寺院の僧侶、祖母も真言宗の寺院から嫁ぎ、叔父も僧侶、半助の従兄弟(いとこ)も現役住職である。


    真言宗の開祖「空海」


    半助の父の姉方は神社の宮司職であり、半助の従姉妹(いとこ)、姪(めい)共に現役の神主(かんぬし)である。





    半助の守護霊は修験道の修験者・山伏と言われている。



    修験道は神仏習合の信仰であり、日本の神と仏教の仏(如来・菩薩・明王)がともに祀られる。

    (山へ籠もって厳しい修行を行うことにより、悟りを得ることを目的とする日本古来の山岳信仰が仏教に取り入れられた日本独特の混淆宗教)


    「修行して迷妄を払い験徳を得る  修行してその徳を驗(あら)わす」


    座敷わらしやタガマヤ村を守り日々管理するお役目は、修験者・山伏が半助の守護霊として見守っている所以である。


    山形の出羽三山は山岳信仰で有名なところである。

    またタガマヤ村の裏山の岩谷という場所は太古の昔から修験者の修行の場であった









       取扱商品はこちらをクリック






    合格の鐘に驚く半助 \(^o^)/ 2021年6月放送





    願いが叶う幸運のスマホ待ち受け画像
    (わらしと半助ダブルバージョンです ご自由にどうぞ)



    「幸せを呼ぶ座敷わらしと福を運ぶ男半助」
    のW待ち受けであなたの願い事を叶えてください




    ↓このような感じになります↓
     



    幸運を呼び込むスマホ待ち受け画像
    (タガマヤ村バージョンです ご自由にどうぞ)

    座敷わらし部屋の祭壇




    蔵の2階の祭壇




    蔵の2階の座敷わらしのお母さんと壁に浮き出たわらし様




    囲炉裏から母屋を眺める




    御神体の座敷わらし像




    座敷わらしと大蛇





    ↓このような感じになります↓
      

      

      



    別邸おとまり庵の御神体と祭壇



    ↓このような感じになります↓