半助への問合せ



      タガマヤ村住所  〒990-0406 山形県東村山郡中山町柳沢41番地











    タガマヤ村の半助は昭和42年(1967年)7月22日生まれ


    半助の祖父は真言宗の寺院の僧侶、祖母も真言宗の寺院から嫁ぎ、叔父も僧侶、半助の従兄弟(いとこ)も現役住職である。


    真言宗の開祖「空海」


    半助の父の姉方は神社の宮司職であり、半助の従姉妹(いとこ)、姪(めい)共に現役の宮仕え(巫女みこ)である。





    半助の守護霊は修験道の修験者・山伏と言われている。



    修験道は神仏習合の信仰であり、日本の神と仏教の仏(如来・菩薩・明王)がともに祀られる。

    (山へ籠もって厳しい修行を行うことにより、悟りを得ることを目的とする日本古来の山岳信仰が仏教に取り入れられた日本独特の混淆宗教)


    「修行して迷妄を払い験徳を得る  修行してその徳を驗(あら)わす」


    座敷わらしやタガマヤ村を守り日々管理するお役目は、修験者・山伏が半助の守護霊として見守っている所以である。


    山形の出羽三山は山岳信仰で有名なところである。

    またタガマヤ村の裏山の岩谷という場所は太古の昔から修験者の修行の場であった