蔵の中

    タガマヤ村の母屋の裏には蔵があり渡り廊下でつながっています

    この蔵も母屋とともに貸し切りで自由にお使いいただけます
    蔵だけでも布団が15枚以上ゆったりと敷ける広さです



    蔵の中に入ると1階は20畳ほどの広さがあり、囲炉裏のある板敷きの部屋と畳の部屋があります








    この蔵の中で蔵わらし(蔵にいる座敷わらし)が何度も宿泊者に目撃されています

    蔵の中では男の子の座敷わらしを見たという方が多いようです

    毛むくじゃらのまっくろくろすけが2階から階段を下りてきたのを見た子供もいました



    ある方は「いったん木綿」のように身体が薄っぺらの着物を着たおじいさんが蔵の中を歩いているのを目撃したそうです

    また、ご先祖様と思われるたくさんのおじいさん達(着物を着て長いひげのある)が行列になって蔵から母屋へと渡り廊下を歩いて来るのを見た方もいます





    階段を上って2階へ上がると隠し部屋のような20畳ほどの広い屋根裏部屋があります

    蔵わらしを祭った神棚がひっそりとあります



    白蛇は守り神で座敷わらしを大切に守っています




    この蔵で写真を撮ると「緑色に輝いたオーブ」が映ることがよくあります
    オーブを撮ったあとに数々の幸運が舞い込んできた方がたくさんいます



    蔵の壁は分厚い土で作られているため室内はひんやりとしていて、暑い夏でも蔵の中だけは寒々とした不思議な空間です



    蔵の中にいると、不思議と安らいだ気持ちになります
    手前にはタガマヤ村の広大なりんご畑が広がっています




























    タガマヤ村紹介ビデオ↓