柏倉九左衛門家住宅

    タガマヤ村から車で3分

    山形県指定文化財 旧柏倉家住宅(九左衛門)
    じゅうようぶんかざい きゅうかしわくらけじゅうたく(くざえもん)
    約2300坪の敷地に建物が約427坪の学術的にも貴重なお屋敷

    九左衛門は、近世の上層農家の形式を継承した大規模住宅。
    近代の発展を語る、主屋の座敷や銘木による精緻な内装。
    漆塗りや金箔で荘厳な仏蔵、春慶塗で華やかに彩る前蔵の上質な蔵座敷。
    山形県村山地方における屋敷構えを特徴とした、「明治期の南東北地方における上質な農家建築」として高く評価されている。左衛門は、近世の上層農家の形式を継承した大規模住宅。
    近代の発展を語る、主屋の座敷や銘木による精緻な内装。
    漆塗りや金箔で荘厳な仏蔵、春慶塗で華やかに彩る前蔵の上質な蔵座敷。
    山形県村山地方における屋敷構えを特徴とした、「明治期の南東北地方における上質な農家建築」として高く評価されている。


    住所  山形県中山町岡8
    営業時間  【開館日時】 金 土 日 祝日 10:00-16:00(最終入場15:30)
    休業日  【休館日】 月 火 水 木 (祝日を除く)  年末年始(12/20-1/10)
    料金 【入館料】 500円(中学生以下無料)

    アクセス
    JR左沢線羽前長崎駅より徒歩20分またはタクシー3分
    山形自動車道寒河江I.C.より車で5分
    山形空港より車で20分

    駐車場 15台 (無料)
    ウェブサイト Twitter
    ウェブサイト 公式サイト

    問い合わせ先
    旧柏倉家住宅(九左衛門)
    電話番号 023-687-1778


    見学についてはこちら

    詳しい情報はこちらのFacebookから






    山形盆地を一望に見渡せる旧豊田村岡地区に、江戸時代に山形城下の大庄屋を勤めた柏倉九左ェ門家住宅が建っています。
    柏倉九左ェ門家は、約4,000坪の敷地に、建物が360坪の豪壮な屋敷で、構造は学術的にも貴重な存在となっています。

    主屋の南方には、京都東本願寺を縮図にした内陣、21畳敷の外陣造りをしつらえた蔵造りの「佛間」があり、鎌倉時代の三代名工の一人の作と云われる阿弥陀如来像が安置されています。

    佛間前にある這松は樹齢500年を数え、主屋の上座敷(県文化財指定)から望む、西南に展開する丘段を利用した、小堀遠州流といわれる築山庭園は別名「鶴亀の庭」とも呼ばれており、四季の草花に出会うことができます。












    柏倉九左衛門家ガイドサイトはこちら