一反木綿の目撃情報

タガマヤ村で人間の形をした一反木綿(いったんもめん)を見たという情報が多く寄せられています

その中で、ある宿泊客のブログをご紹介いたします

  



座敷童(山形)  2014 / 11 / 06 ( Thu )   実際のブログはこちら

座敷童が出るという古民家に宿泊してきました。
男女8人で宿泊です。

その部屋に寝てみようとなります。
あみだくじを作る人がいる。そして、作った人が寝ることになったりする。
私も外れて、その部屋に。




0時になる前にビピッ、ビピッと鳴ります。誰もが聞いているのですが、なんだ今の?と
思いつつも誰もそのことに触れません。

誰の?と誰かがいうと、みんなが黙る。
すると音も消える。

消えた。と言ってはまた話し込んでいると、またビピッビピッとなります。
ん?また、聞こえるというと、本当だと言ったとき、また消えます。

シーン

消えた。

すると、そういう時にはたいてい霊感の強い人がいたりする。
「ふっふっふって、笑い声が聞こえる。遊ぼう?って言ってる」と言う。

そして人形がある部屋を見に行くとフランス人形のリボンが落ちている。
そして私が直す。裏側はセロハンで張り付くようになっている。
粘着力は残っていた。




2時ごろ眠くて仕方なく、その部屋で寝ます。
私は朝までぐっすり。

隣で寝ていた人は「金縛りに3回もあった」と。

ここのも宇宙人?
気になってみてみると、複数でした。人型の紙のようなペラペラのものが見えました。
一反匁?と言われるとそれに大変にているが、人型していますからね~




何しているのと聞いてみると祭りが好きで太鼓のような、音を鳴らしたいらしい。
賑やかな人が好きだとも言ってましたね。